年齢を感じさせない”うるおいケア”

《手荒れを防ぐ》ハンドクリームの必要性とは

2016年12月01日 13時16分

”手の老化や手荒れの原因”を知ったところで、さっそく「ハンドクリームの必要性」を見ていきましょう。
 
●ハンドクリームの保湿で手肌ケア
ハンドクリームを使う最大の目的は「保湿」です。スキンケアとは切っても切れない保湿は、手に関しても同じです。
手肌が乾燥する原因は色々とありますが、乾燥が必要としている成分は全て保湿力です。
保湿をどれだけ出来ているかで、綺麗でハリのある手元になるかが決まるといっても過言ではありません。
小まめにハンドクリームを塗ることで常に手肌にうるおいを保つことができ、肌荒れやシワ、乾燥による痒みなどを最少減に抑えることできます。
 
●ハンドクリームはエイジングケアに効果大
手肌に関する問題で多いのが加齢に伴う手の老化です。
手肌の若々しさを保つためには、”コラーゲン”と”エラスチン”、”ヒアルロン酸”が必要です。
年齢を重ねるごとにこれらの成分は減少していき、手にハリやうるおいが失われ、老化がどんどん進んでいきます。
その状態を放置していても良くはならないため、早い内にハンドクリームを使ってハンドケアをするようにしましょう。
肌にハリやうるおいを持たせる効能を持つハンドクリームを使うことで、老化が最小限に抑えられる「エイジングケア」としての効果が上がります。
 
●手肌への刺激を防ぐハンドクリームの保護力
ハンドクリーム最大の特徴は保湿をすることですが、中には保湿成分のほか、保護膜を形成させる成分が配合されたハンドクリームがあります。
保護成分は肌の角質層に浸透されることで保護膜を形成し、結果的に外気の刺激から肌を守ることができます。
ハンドクリームを選ぶときには、配合成分(ビタミンやミネラル、ポリフェノールなど)をよく確認すると同時に、
保護成分が含まれているどうかも大きなポイントになります。
 
●ハンドクリームと一緒に肌荒れ予防対策をする
ハンドクリームを使って乾燥を防いだり、肌の老化を抑制させたりすることは可能ですが、
ハンドクリームの使用にプラスして「肌荒れ対策をする」ことが大切です。
肌荒れなどが酷くなるとそれだけ回復までに時間が掛かる上、傷みがでるようなときは医療機関に通う必要がでてくる場合もあります。
一日に何度もハンドクリームを塗ることも大事ですが、肌荒れを起こすリスクを減らすことも大事です。
例えば、水洗いをすることが多い時には”ゴム手袋を付けて洗う”、屋外にいることが多い時には手の甲にも”日焼け止めを塗る”、
手が冷たく血行が悪くなっている時には”手袋をつける”、“冷えないよう温める”など、
ハンドクリーム以外にも肌荒れの予防対策をしていきましょう。